ドライフラワー

ドライフラワー






あなたとの思い出は



ドライフラワーのように



花びらひとつひとつが



水気を失ってしまった



朽ちてしまったものなら



いっそ捨ててしまえるのに



どうしてこれほどまでに



きれいな姿でいるのか



この花はもう二度と



甦ることはないのに



思い出のドライフラワーは



悲しく咲き続けている



いつになればこの花を



捨てることができるだろう






0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

詩集『ふじちょう』をamazonで購入