カタツムリの行方

カタツムリの行方






懸命に上へ上へと


カタツムリが登っている


それなのにいとも容易く


ひっぺがされてしまった


ずいぶん上までいったのに


地面の上に捨てられて


世の中とはこんなものか


目を出すことも億劫だ


それでもわかっているだろ?


また登らなければいけない


何度も何度も行くんだ


そら目を出せあたま出せ













0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入