気取ったひび

気取ったひび






ひと気は少ない


午後のカフェ席


乾いたこころに


ひびが入っていた


叩いてみたなら


簡単に割れたろう


床に落ちた吸殻


誰のかは分からない


割れている灰皿


誰のかは分からない


窓の外には太陽


燦々と輝いてる


カフェの人たちが


気取っているからだ


そうさ僕もコーヒーを


すすって気取るんだ









詩集『ふじちょう』をamazonで購入