パン切れ

パン切れ







パンをちぎって



こなごなにして



そのうちのひとつを



はいパンですよと



乞食にあげたら



人を侮辱するな



お前の世話にはならん



あそこの鳩と一緒に



お前が食べればいい



そう言い放って



悠々と去っていった




あぁこの精神こそ



我々が失ったものだ



人の恵みを卑(いや)らしく



頬張ってばかりいる



手のひらのパン切れを



ゆっくりと噛みつぶした








0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入