おつまみと麦酒

おつまみと麦酒







床下を見てみたくて



板をべりりと剥いだら



小人たちが生活していて



邪魔臭そうにこっちを見た




天井裏を見てみたくて



板をごとりと持ち上げたら



妖精たちが戯れていて



噂でもするようにこっちを見た




すべてが夢ならばいい



そう願いながら僕は



冷えた麦酒(ビール)を開けて



ぐびり 苦々しく飲んだ







0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入