光りの味

光りの味








海岸を歩いていると



白い貝殻がありました



砂に半分埋もれて



小さく光っていました



わたしはそれを救い出し



砂を払ってやりました



舌の上にのせてみると



磯のしょっぱい味がしました



世間は何やら騒がしく



平穏に暮らせずにいます。



すべて自分がいけないと



わかってはいるのですがね



舌の上にあった貝殻を



波の中に投げました



もみくちゃにされながら



小さく光り続けるでしょう










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入