変わっても変わらない

変わっても変わらない







十年ぶりの古里は



冷たい色に変わっていた



それでも山や川は



変わらずそこに佇んでいた




変わらないものなんて



何ひとつありはしない



僕は僕のままだけど



十年前の僕じゃない



冷たい色に染まったり



嘘がうまくなっていたり



それでも僕の山や川は



変わらずそこに佇んでいる









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入