障害物走

障害物走







細い一本道をゆき



途中でつまづいて



またはじめに戻り



なんとか越えてゆくと



人ひとりの大きさの



はしごのような穴を



尻を引っ掛けながら



どうにかくぐり抜け



広げられたネットの



その下に飛び込んで



目を細くしながら



喘ぐようにかき分け



隣と鼻を争い



ようやく切ったテープは



セレモニーホールの机の



素気ない領収書だった










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入