たより

たより






こころがね


弱ってごらんなさい


その辺の


石ころだったり


とげとげしい


雑草だったり


とにかくもう


すがりたくなるのです


なんでもいい


救ってくれるならと


そうやって


どんどん堕ちるのです


こころはね


常に鍛えなさい


最後には


自分がたよりです










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入