白い経験

白い経験






窓も扉もない


真っ白な部屋


その中で僕は


幼少期を過ごした


外に出れば僕は


たちまち消えるだろう


陽がまぶしいことも


知らないのだから


時間を戻せるなら


いつがいいのだろう


白い壁のことしか


頭には浮かばない


何かをくれるおなら


どれがいいのだろう


経験をもらえたら


強くなれるだろうか









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入