後ろ脚

後ろ脚






犬が用を足して


すっきりとした顔で


後ろ脚に力をこめ


アスファルトを掻いた


東京の片隅の道で


土などあるはずもなく


それなのにかりかりと


犬はアスファルトを掻く




ぼくの中にも同じく


後ろ脚があるんじゃないか


わかっているのかどうかも


定かではないままに


アスファルトをひたすら


引っ掻いているような


制御することもできず


動いてしまう後ろ脚が







詩集『ふじちょう』をamazonで購入