白い体

白い体






シロをもっとたくさん


抱きしめればよかった


よだれがつくからとか


毛だらけになるからとか


ダニがいたらどうしようとか


変なニオイがするからとか


そんな小さなことなんて


どうだってよかったんだ


抱きしめられない日が


いつか来ると知っていたら


いいや知っていたけれど


無意識に避けていたんだ


ぼくらはその時にならないと


気がつけないのかもしれない


シロよ今目の前に現れたら


きっと抱きしめてしまうよ









詩集『ふじちょう』をamazonで購入