夕陽のブルース

夕陽のブルース






ねえ あんたは


覚えているかい


自分の中から


消えたブルースを


少年の頃の


ひとりきりの夕陽


友は小さなバッタ


あるいはテントウムシ


ドブ川の小魚は


ついと底へ消える


なんでもないことが


なにか哀しかった


ねえ 人ってさ


いつ失くすんだろう


少年の頃の


夕陽のようなブルースを








2014.10.18

詩集『ふじちょう』をamazonで購入