強制再起動

強制再起動






わたしはわたしを


再起動しようと


鈍ったからだを


無理に横たえ


思考のすきまが


なくなった頭で


かろうじて目を閉じ


強制的に落ちた




わたしは幾たび


再起動するのか


鈍ったからだは


軽くはならずに


思考のすきまは


拡がることがない


まだ動くうちに


新しくなりたい







2014.7.5

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入