飛び石

飛び石






終わりのない飛び石


踏めども踏めども続く


上がってゆくわけでもない


下がるというわけでもない


つねに平たく平たくして


ゆるやかに蛇行するのみ


永遠に伸びるからなのか


円になっているからなのか


前に見たような飛び石を


今なお踏み続けている


もしもふっと見えた外れ石


外れ石が見えてしまったら


その石を踏んでしまうだろう


だって人は変化を求める


生まれ落ちた瞬間から


変化してゆくのが人だから







2014.7.4

詩集『ふじちょう』をamazonで購入