門下

門下






寺の門の下の朝


雨垂れを見ていた


閉じた傘の先から


新鮮な水が流れた


その水はどこ行こうか


迷うふうにして溜まった


雨があがってしまえば


この水は消えてしまうのに


いまはどこへ行くでもなく


時間を持て余している


門の軒からは絶えず


雨垂れが落ちている


いくつもいくつもいくつも


意思のない速度のまま







2014.6.18

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入