ぼやけたひと

ぼやけたひと






どの色にも染まらない


それでいて少しだけ染まる


ひとはそれを悪く言う


自分を持っていないと言う


あぁまったく馬鹿々々しい


滲んだ笑顔の何が悪い


白黒はっきりさせたくて


殺し合うのが正しいか


無理にペンキを塗りたくり


引きつる笑顔が正しいか


そんなかなしいことならば


わたしはぼやけたひとでいい


どっちつかずで微笑んで


やさしくぼやけたままでいい






2014.6.17

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入