カバンの中身

カバンの中身






湖を持ち歩けたら


どんなにいいだろうな


疲れがどっと来たときに


ぱっと湖を拡げてみる


碧い水にひたひたと


白い太陽がこぼれている


周りに深い森の屋根


鳥やリスがはねてまわる


聞こえてくる音はすべて


静寂という名がついている


肺の中が入れ換わり


視力も回復の兆しあり


さてもうそろそろと膝を打ち


くるくると湖をしまい込む









2014.5.22

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入