傘立て

傘立て






雨の日になると


いつも集まってくる


全身真っ黒けで


仕事一筋そうなもの


花柄が色とりどり


おしゃべり好きそうなもの


全く同じかたちで


主張も色もない群れ


折れて傷つきながら


なお立ち続けるもの


雨がやむとそれらは


またどこかへ消える







2014.5.21

詩集『ふじちょう』をamazonで購入