アゲハチョウ

アゲハチョウ






モンシロチョウではなく


アゲハチョウのものだ


僕の背中からは


羽が生えている


神経を通わせると


羽は一斉に動いた


僕の体は浮き上がり


上下しながら風に乗る


重く湿った毎日を


見下ろしながら浮遊する


現実にはあり得ない?


では何が現実というのだ


その境を飛び越える


それには羽が必要だ


できるだけ大きな羽


アゲハチョウが飛び去った







2014.5.20

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入