小紫陽花

小紫陽花(こあじさい)






雨の小路を


歩いていると


足音ひとつ


重なってくる


後ろを見ても


誰もいなくて


傘から雨が


滴るばかり


一年経った


記憶は未だ


流されもせず


音に溶けてる


あなたの音は


妖精になって


いつか小さな


花になあれ







2014.6.8

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入