魔術師の孤独

魔術師の孤独






魔術師の肩に


雪が降り積もる


失態の前夜に


砂の城は崩れた


寸分の狂いもなく


築いたはずだった


今やその城跡は


真っ白い雪の下


そして足跡だけが


ぽつりぽつりとする


肩の雪をそのままに


魔術師は呟いた


失敗を成功に見せる


それこそが魔術なのだ







2013.12.26

0 件のコメント :

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

詩集『ふじちょう』をamazonで購入