オゾンホールがあきまして

オゾンホールがあきまして







オゾンホールがあきまして



近頃あたまがひりひりします



この間買った麦わら帽子



わたしが最後の客でした



あなたに送ったラブレター



イルカがくわえてゆきました



波はどこまでも穏やかに



閉ざした海の家を鳴らします



人にはそれぞれ守るものが



ひとつやふたあつあるでしょう



痛むこめかみを押さえながら



岐(わか)れ道を思い出しています







0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入