あばらの手前と向こう側

あばらの手前と向こう側







本当は手にふれたい



ふれられる距離なのに



望遠鏡を逆にして



覗きこんだように



なんて遠いのだろう



思わず顔をそむける



あばらを創り出して



どれほど経ったのか



罪はいつもこうして



目の前に現れる



ふれられる距離なのに



あばらの奥にあるから



手でなでるようにして



求め続けている








0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入