水の上のダンス

水の上のダンス







日の暮れた大池



滲む対岸の電灯



漆盆(うるしぼん)のような黒



艶やかに沈まる



ざざざぼんばざ



突如静寂裂く音



漆盆は破られ



破られ新たなステージ



姿暗き演者たち



ライトも浴びず踊る



あぁそこへ行きたい



ここに居る意味もない



されどそのステージは



他所(よそ)者には冷たい



盆の上さえ踏めず



遠く眺めるだけ



今夜はただ理由(わけ)もなく



家で踊ってみようか








詩集『ふじちょう』をamazonで購入