やさしい小舟

やさしい小舟







ああ やわらかき月光の




笹の小枝を濡らすとき




思い耽るその髪の




艶めく紅(べに)は百合の花




たとえ物の怪(もののけ)狂うとも




たとえ天地が転げとも




池に浮かべた千切れ舟




やさしく岸に寄り着きぬ








0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入