天の岩戸

天の岩戸







少しだけ岩があいて



光が矢のように差し込む



何万年もの時をかけて



輝きを得た琥珀石みたい



光が美しいものだなんて



どうして知ることができようか



気の遠くなるくらい間



闇に閉ざされていなければ



天の岩戸が塞いでいなければ



どうして知ることができようか








0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入