回遊魚

回遊魚








ああちきしょう



どんどん離される



あいつらは速い



もう追いつけない



自分で選んで



飛び込んだのに



ああ息が苦しい



いっそ溺れてしまえ




なんだよあいつら



戻ってきやがった



びゅんびゅん横を



通り去ってゆく



かわいそうになあ



回遊魚だったんだ



ぼくはゆっくりでも



好きに泳げるのに









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入