寄せる

寄せる







噴水はとどまることなく



次から次と波寄せるから



このしみったれた顔は



ぐらぐら揺れて定かでない



見ず知らずの子どもらが



水が高く噴くたびに



わぁわぁと叫んでいて



顔をぐしゃぐしゃ寄せている



この手から水はすり抜けて



別の手の中に注がれる



哀しき摂理とともに生き



傍(かたわ)らの子どもらへ視る









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入