スコープ

スコープ







一日経つごとに



視界が狭まっている



007(ダブルオーセブン)が現れて



ぼくは戦慄を覚える



広い視界のときは



気づきはしなかった



まさかこのぼくが



狙われていたとは



視界が狭まるにつれ



はっきりと認識できる



彼の銃口はピタリと



ぼくのスコープに当てる



いつ引き金を引くか



まだ撃たれてはいない



視界はさらに狭まり



また彼が現れる









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入