真夏の夕餉

真夏の夕餉







蒸し返す真夏の



飛行場の真ん中で



ちゃぶ台を囲み



夕餉をとる家族



機体はその横を



かすめつつ飛び立ち



やがて別のかたまりが



接触音とともに降りる



そしてついにひとつの



大きな車輪によって



ちゃぶ台の家族は



無惨に轢き裂かれた



そのあとにはいまや



蚊柱が立つばかり



蒸し返す真夏の



汗ばむ夢の中








0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入