光りはどこへ

光りはどこへ







ホタルが一匹



電車にまぎれた



薄暗い電灯と



湿ったにおいが



余計にかなしく



暗がりを進む



乗客はひとり



うなだれて眠り



時折窓からの



明かりに濡れる



ホタルはどこへ



行くのだろうか



隅の座席にいて



しくしくと光る








0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入