首都高

首都高







理由なんてものは



なんだっていいのさ



ガラス細工のような



イルミネーションの中



聞こえているのは



タイヤの音とBGM



余計なものなんて



あってはならないのさ



特別なロード



それが首都高



特別なひとと



いつか走ろう









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入