石に刻む

石に刻む






自分自身を止めるのは


自分自身だけなんだと


石に文字を刻みながら


何度も何度も言い聞かせ


それでもまだまだ止められず


暴走したときにふと


刻んだつもりの石を見て


彫りの浅さになるほどと


またもう一度鑿を出し


おもむろに刻み始めれば


石のかたさに辟易し


自分自身を変えるのも


一筋縄ではいきゃしない










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入