真冬の蚊

真冬の蚊






俺の意志なんてのは


天の意志に比べたら


真冬の部屋の中の


蚊のようなものだろう


弱々しくふらふら


音も立てずに飛び


そのくせ目を離せば


姿を晦(くら)ましている


まあそれでも多少なりの


弁護をしてやれるなら


真冬でもこうやって


しぶとく生きているのだ












0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入