ひとのために働き


ひとのために苦しみ


ひとのために憤り


ひとのために悲しみ


なんのためにわたしは


なんのためにわたしは


足を引きずってまで


腕の痛みに耐えて




ひとのためにわたしは


ひとのために生きたい













0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入