アイドリング

アイドリング






誰を待っているの?


何を待っているの?


白いハトたちはもう


飛び去ってしまった


ゆっくりゆっくりと


雲が流れていく


地面に落ちてる影


ますます小さくなる


誰を待っているの?


何を待っているの?


きっと人生は長い


そしていつしか短い


靴の紐を結んで


走る用意をしよう


白いハトたちがもう


帰ってくるかもしれない













0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入