わたしの声

わたしの声






声が出なくなりました


ただただ息がもれるだけ


こんな日がくるなんて


思ってもみませんでした


伝えられないということが


これほどつらいことなんて


自分の名前を呼ばれても


返事をすることさえできない


たったひと言ありがとうと


発することさえもできない


声が普通に出ていた頃


その有難みもわからずに


愚痴や不平不満なんかに


多くを使っておりました


もしも声が戻りましたなら


きっと違ってくるのでしょう


喜びや楽しい言葉で


あなたに伝えたいのです










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入