それは僕

それは僕






ゴミ棄て場を通ったら


見覚えのある人形


それは十年前の僕


薄汚れてうな垂れる


重い体を引きずって


連れ帰ったはいいものの


汚れを拭き取ったあと


どうしたものかわからない


頬をぱしぱし叩いたり


こちょこちょくすぐってはみても


目をずっと閉じたまま


眠ったようにうな垂れる


それは十年前の僕


それは今の僕ではない


あらゆることは変わっても


僕は僕であり続ける


ふと目を離していたら


十年前の僕はいない












0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入