町を出る人

町を出る人






町を出てゆくという人は


町に愛されなかった人


馴染みの店がなくなって


頼れる人もなくなって


どうしてよいかもわからずに


川の土手でも歩いてみる


口笛の吹き方も忘れ


吐息だけが漏れていき


夕暮れがくすむ赤い色


少しだけ頬があたたかい


どれだけ町を愛しても


見返りを一度も求めずに


くちびるをぎっとかみしめて


あしたは別の空の下












0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入