いま向かってる

いま向かってる






いまぼくはどこへ


どこへ向かってるんだけ?


はるかかなたにある


桃源郷の気もするし


ついその先にある


喫茶店の気もするし


なぜぼくはふらふら


定まらないのだろう


こんなことならば


外へ出なきゃよかった


もし向かうところが


なかったのだとしたら


いまよりもずっと


楽だったのかなあ


あぁなんともなく


思い出してきたよ


ぼくは外を見たくて


扉を開けたんだった!











0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入