ハードルが並ぶ道

ハードルが並ぶ道






ハードルが並ぶ


果てしなく並ぶ


ひとつ跳び越し


また次を跳ぶ


監督が横で


ゆったり見ている


平らなところで


自由にしている




なぜこのハードルを


越えてゆくのだろう


自分のためか


監督のためか


なぜ跳ぶことを


続けるのだろう


誰かのためか


世のためか











0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入