甲子園

甲子園






高校球児たちの


足跡はそこにあった


走っては転がって


踏ん張った足跡


観客はいなくなり


景色になった球場


土黒いグラウンドは


きれいに空を映す


いくつもの足跡は


こぞって走り去った


残そうと思うよりも


刻もうと思うことだ


たとえ消えたとしても


人の心は残るから










0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入