ひとつの扉

ひとつの扉






さあ選ぶがいい


天からの声


行く手をはばむ


ひとつの扉


選べというが


選択肢はない


こんな茶番を


時に天は好む


迷うことなく


進めるように


そんな優しさの


裏は見えない


こちらはただ


意を決して


扉に手をかけ


ひらくだけだ









0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入