草分け

草分け






下を覗きこめば


鬱蒼と草深い


鋭いカマを広げ


カマキリが去っていった


足を踏み外せば


どうなるかわからない


キラキラする糸に


クモの足が見えている


のどかな草原で


寝そべってみたい


七色の光の中


自由に飛んでみたい


不安のない日々を


手に入れるために


テントウムシになって


草を分け入るのだ








詩集『ふじちょう』をamazonで購入