天空のブランコ

天空のブランコ






長い長い影が


夕暮れ時に消える


かさぶたのように


ざらざらした気持ち


チェーンが壊れたから


もうだあれも乗れない


だらりとぶら下がって


まだ淡い星を見る


いつか風も吹かない


穏やかな晴天に


天空の城にひょっこりと


舞い込んでしまって


子どもたちを思う存分


楽しませてやりたいな









詩集『ふじちょう』をamazonで購入