燐(りん)

燐(りん)






いったい何本のマッチを


擦ってきたのだろうか


吹きつける風をかばい


ようやく指先についた火




これからどれだけこの火を


灯し続けられるだろうか


火は体を溶かしながら


風雨や吐息に揺れながら




この火はどれだけこの世を


照らすことができるだろうか


せめて小さな子どもたちが


はしゃぎまわれるくらいには







2014.9.4

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入