そばにいるだけ

そばにいるだけ






ねえどうしたんだい


ふさぎこんだりして


まるで鉛の空気でも


呑みこんだかのよう


空の雲は落ちるほどに


憂鬱の水に堪えている


きっとぼくなんかには


打ち明けてはくれない


それはきみの自由だ


ぼくは雲を見るだけ


灰色の峰々の向こうに


秋の青い空があるだろう


きっとぼくなんかには


打ち明けてはくれない


それはきみの自由だ


ぼくは傘を探るだけ







2014.9.5

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入