初空

初空






初めてその季節を


感じられるような空




そうだ季節はいつも


留(とど)まることなく移ろう




たとえいま涙にくれ


絶望の淵に立っても




やがて季節は移ろい


ぼくの初空が広がる







2014.9.6

0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入