ただ気持ち良く泳ぎ



くねらせていただけなのに



どうしてこんな逃げ場のない



網の中へ入ったのだろう



その中ではジャンプすることも



競争することもできず



胸鰭(むなびれ)をひらひらさせて



口をパクパクするしかない



隣や隣を見てみると



同じような境遇ばかり



そうしてやっぱりただ



口をパクパクさせている



見つけなけりゃあいけない



網の破れたところを



それは生命をもつものの



激しい衝動なのだ








0 件のコメント :

コメントを投稿

詩集『ふじちょう』をamazonで購入